スタホ3シーズン3のペイアウト率(PO)の計算方法

 

【ご注意】
この記事はシーズン3の記事です。シーズン4には対応していません。

>> シーズン4のPO計算方法はこちら <<
>> シーズン4のPO自動算出フォームはこちら <<

 

 

 

※この記事は加筆修正し、2015/4/19に更新しています。

スターホース3 シーズン3ペイアウト率(PO)計算方法について、未だ誰も解明できていませんでしたが、

確かなペイアウト率の計算方法を解明いたしました。

御託はいいから簡単に計算したいという方はこちら
スタホ3シーズン3のペイアウト率(PO) 自動算出フォーム

 

ここで、その前に、間違った計算方法の例を記します。

 世にはびこる間違った計算式たち

【間違い例①】 PO=単勝 ÷ 単勝ライド×100  (%)

よく使われていると思いますが、これが適用されるのはスタホ2の時代ですね。スタホ3シーズン3では、正解である設定POよりも1.2~1.7%ほど小さくなります

【間違い例②】 PO=単勝 ÷ 単勝ライド × 97.4 × 100  (%)

とあるブログで記されているのですが、これは設定POより3.7%も小さくなりますので、大きな間違いとなります。

【間違い例③】 PO=1÷(全頭の、1÷単勝の和)×100  (%)

とあるサイトを使い全頭の単勝を入力すると、だれでも簡単に計算できるようになっているこの方法は、シーズン1でのみ計算は可能ですが、精度もかなり悪いです。シーズン3では設定POより4~6%も小さくなりますので、大きな間違いとなります。

【間違い例④】 PO=獲得賞金合計÷全頭のサイド枚数合計×100 (%)

よく見かけるこの方法も、シーズン3では設定POより6~8%も小さくなりますので、大きな間違いとなります。

 

よろしければ、以下の私の方法を世に広めてください。 →Twitterでつぶやく

 

チョコ式 ペイアウト率計算方法の本題は以下より

シーズン3における正しいペイアウト率計算式

スターホース3 シーズン3におけるペイアウト率は、
ダブルアップや、シーズン2から始まったプログレッシブチャレンジサイドキャッシュバックなどの影響で、正しく求めることが不可能となりました。
しかしながら、単勝オッズによる素質判定にはペイアウト率の解明がどうしても必要となります。
(※単勝ライドであれば、ペイアウト率に依存しないため従来通り素質判定が出来る)

そこで、有志により設定ペイアウト率に対する単勝,単勝ライド,サイド枚数の関係を調べてもらいました。
すると、設定ペイアウト率が92のときの、単勝÷単勝ライドは0.9066程度,
SWBCサイド枚数合計7385程度ということが分かったのです。
私は、ペイアウト率の解明にあたり、未だ誰も求めたことのない確かなペイアウト率算出式の導出に成功しました。

前置きが長くなりましたが、正しいペイアウト率の計算方法は以下のとおりです。

単勝式(単勝と単勝ライドを用いる)

【 PO=単勝 ÷ 単勝ライド × 97.4 + 3.7 】
※ただし単ラ99.999以下の穴馬が好ましい。 
IMG_1423
(C)SEGA
上の画像の赤枠の馬(単ラ99.999以下の穴馬)で計算してみると、
PO=83.0÷95.913×97.4+3.7=87.9868・・・ ほぼ88に近い数値です。
小数点以下四捨五入し、PO=88となりました。 

この式の導出手順は、とても長いので省略しますが、
97.4という値は、単勝ライドのペイアウト率となります。
3.7という値は、プログレッシブ率+ダブルアップ率の近似値となっています。
この3.7という数値を導出することは、通常の手段では不可能で、解くためには少しコツがいります。
(厳密には、この3.7はPO90においては3.685程度であり、POに依存した変数ということが分かっていますが、POを計算するうえではその差は軽微のため、分かりやすく3.7固定値としています。)

 

_________________________________
※2015/4/19 追記

上式では、PO90の場合は良好な値を得られますが、PO90から離れるほど、若干精度が悪くなってきます。
(プログレッシブ率がPOに依存した変数のため)
そこで、さらに厳密な式で計算し、確証を得たい方のために、高精度な式を考案しました。

【 PO=単勝 ÷ 単勝ライド × 99.7 + 1.8 】
※ただし単ラ99.999以下の穴馬が好ましい。 

上の画像の馬でもう一度計算し直してみます。
PO=83.0÷95.913×99.7+1.8=88.077147・・・ ほぼ88に近い数値です。
小数点以下四捨五入し、PO=88となりました。 

99.7と1.8の値は近似値です。
内約は、ダブルアップ率が1.75%,PO100におけるプログレッシブ率が3.9%の場合としています。
このダブルアップ率等の値は、様々なPOにおける、単勝 ÷ 単勝ライドの最大値を求め、その値から逆算して推定することができます。単勝 ÷ 単勝ライドの最大値を求めるというところがミソです。
_________________________________

 

もっと簡単に計算したいという方はこちら
スタホ3シーズン3のペイアウト率(PO) 自動算出フォーム

 

SWBCサイド枚数合計式

【 PO=680000 ÷ SWBCのサイド枚数合計 】

 

_________________________________
※2015/4/20 追記

上式では、PO90の場合は良好な値を得られますが、プログレッシブ率がPOに依存した変数のため、PO90から離れるほどごくわずかに精度が悪くなってきます。
(最大で0.13%だけですので、POの計算には影響ありません。)
そこで、さらに厳密な式で計算し、確証を得たい方のために、高精度な式を考案しました。

【 PO=694444 ÷ ( SWBCのサイド枚数合計 + 166 )  】

_________________________________

 

このどちらかの種類の式を計算して小数点以下四捨五入で、間違いなくどんぴしゃ求まります!

 

PO逆引き表

実は、以下の表の関係を見れば、余計な計算をしなくても、POが分かります。
単/単ラもしくはSWBCのサイド枚数合計のどちらかの計算を行い、
表の値に最も近い箇所のPOを見てください。
スホ3シーズン3 PO率 逆引き表
※単/単ラ : 単勝÷単勝ライド  理論上、計算結果より表の値の方が若干大きくなります。
※SWBCサイド枚数は、理論上、PO90より大きいほど、人気P馬が多いほど、枚数にブレが多く生じやすく、表の値より1~10枚ほど多くなります。

奇数ペイアウト店舗も存在する(一時的と思われる)ようですが、基本は偶数ペイ80~100かと思います。

ということで、正しいペイアウト率の計算を行ない、正しい素質判定を行ないましょう。
よろしければ、この方法を世に広めてください。 →Twitterでつぶやく
よろしくお願いいたします。

ちなみに余談ですが、我がチームでは、設定POは90が最も多く、次いで88、92の順です。標準POは90と思われます。
私の旧ホームでは、最初90%から1%ずつ減っていき、最低で80(恐らく最低水準)まで下げられました。
現ホームのセガ店舗では、PO90から、昨年末の専用バンク導入に伴い88に下げられました・・・。と思ったらまた90に復活!
結構、売上とか考えてPOを変動させている店舗、あると思います。
特に奇数ペイの店はまさに、徐々に変えている可能性も。


Comments are closed.